【無料】アイビスペイントを使って画像に手書き文字を入れる方法【iPhone】

スポンサーリンク

ibisPaint X』はスマホ、タブレット用の無料のお絵描きアプリです。

本記事では『ibisPaint X』を使用して画像に手書き文字を入れる方法を解説しています。

紙にペンで文字を書く

まず、白い紙に手書き文字を書いて、できるだけ影が入らないようにカメラで撮影しましょう。

余白が少ないほうがキレイに仕上がるので、文字まわりだけになるように、あらかじめ写真をトリミングしておくとよいでしょう。

アイビスペイントを開く

アプリを起動したら『マイギャラリー』を開き、次に画面下の一番左の『+』マークをタップします。

新規キャンバスのサイズが表示されるので、お好みのサイズを選択してOKボタンを押してください。

キャンパスが追加できたら、右下の『1』と書いてあるレイヤーのアイコンをタップします。

左下のカメラマークをタップして、スマホのギャラリーなどから、背景になる画像を選択します。

画像が追加できたら、指でスワイプしてサイズや位置を調節し、よければ緑色のチェックマークを押してください。

この時、線画抽出のポップアップが表示されるのでキャンセルにします。

同じように左下のカメラワークをタップして、ご自身の書かれた手書き文字を呼び出します。

先程と同じように、画像が追加できたら、指でスワイプしてサイズや位置を調節し、よければ緑色のチェックマークを押してください。

また線画抽出のポップアップが表示されるので、今度は『OK』を押します。

画面右下に3本のスライダーが表示されるので、文字だけ見えるように数値を調整したら緑のチェックマークを押してください。

右下の『←』から『PNG保存』を選択するとカメラフォルダに保存されます。

ちなみに、メニューの中から『フィルター』→『色調整』→『線画色変更』から文字色を自由に変えることができます。

同じく『フィルター』→『スタイル』→『ふちどり(外側)』から、このように文字にフチをつけることもできますよ。

以上、アイビスペイントを使って画像に手書き文字を入れる方法でした。

スポンサーリンク
雑記
LA SANA

コメント

タイトルとURLをコピーしました