アドセンスの推定収益額がリアルタイムで減額される理由

スポンサーリンク

Google Adsenseを導入してからアドセンスの収益画面をこまめにチェックする人も多いのではないでしょうか?

先日、Google AdSenseで収益が発生していて喜んでいたところ、数時間後に再びアクセスしてみたら、先程まであったはずの収益が0円に減っていたということがありました。

当ブログは記事数も少なく、1日の収益はまだまだ微々たるものなので、たった数十円といえど、貴重な収益が突然消えたとなれば、ショックは大きかったです。

本記事では、Google AdSenseの推定収益額が消えてしまう原因の可能性ついて解説します。

リアルタイムで推定収益額が消えてしまう原因…

推定収益額はあくまで『推定』なので、1日のうちに収益に変動があるそうです。

これは、広告がクリックされ推定収益額が更新されたあとに、無効な(不正)クリックなどが検出されるとその分の収益が自動的に差し引かれるためです。

無効(不正)アクセスとは、次のようなことなどが挙げられます。

  • 自分自身で広告をクリックする
  • ユーザーがクリックした後すぐに離脱
  • 第三者がわざと繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  • 家族や友人などに、広告をクリックするように依頼する
  • 誤った広告配置広告掲載のガイドライン)

例えば、うっかり間違えて自分のブログの広告をクリックしてしまって、100円の推定収益を獲得したとします。

その後、Googleによって、そのクリックは“純粋な興味を抱いたユーザーによるクリックなのか”チェックされます。

そこで、自己クリックによる無効なクリックと検出されれば、その100円は丸ごとパーになってしまう可能性があるということです。

不正クリックが確認されたらすぐにGoogleへ報告

収益額の変動はよくあることだそうですが、収益額が頻繁に調整される場合は、注意が必要かもしれません。

放置していると、Googleに悪質であると判断され、最悪の場合、アカウント停止や広告掲載の停止となる可能性もあります。

ポリシー違反をしていないか、また、Googleアナリティクス等のデータ解析ツールを使用して、アクセス数の急増など不自然な操作がないか等をこまめに確認する作業が必要不可欠です。

第三者による不自然な操作を発見した場合は、こちらのフォームから報告することができます。

何にせよ、推定収益額が増えたり減ったりしても一喜一憂せずに、そういう調整があることを頭に入れておいた方がよさそうですね。

スポンサーリンク
blog
LA SANA

コメント

タイトルとURLをコピーしました