指しゃぶりがやめられると話題の「ゆびたこ」は1歳児にも効果ある?

スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、「読んだら指しゃぶりが止められる」と評判の、くせさなえさんによる『ゆびたこ』という絵本です。

1歳11ヶ月の娘には、まだ内容が理解できないかなと思いつつも、インパクトのある表紙に引き寄せられ購入してみました。

「ゆびたこ」のあらすじ

もうすぐ小学生になるのに、指しゃぶりがやめられない女の子が主人公。

女の子の左手の親指には、指しゃぶりのしすぎで、大きなタコがあります。

ある時、そのタコに顔が現れて、関西弁で話しかけてくる・・・というシュールな内容です。

1歳児に「ゆびたこ」を読み聞かせてみた感想・効果

ポプラ社のHPでは、『ゆびたこ』の対象年齢は、3、4、5歳とされています。

1歳児には、文章が長めで飽きずに読めるか心配していましたが、指しゃぶりしている女の子に親近感があるのか、意外にも興味津々で眺めていました。

読みながら「指しゃぶりするとゆびたこさんができるんだって〜」と娘がいつも指しゃぶりしている指をさして話しかけると、シュポッっと指を外して自分の指を確認していました。

しかし、うちの娘の場合、怖がるどころか、女の子が指しゃぶりしているページで「(自分と)いっしょだ〜」といってマネしたり、ゆびたこが登場するページではセリフを言いながら大喜びしたり、残念ながら効果はありませんでした。

ですが、インパクトのあるイラストなど、1歳児も惹きつける何かがあるようで、持っている絵本の中でも1、2を争うくらいお気に入りです。

読み聞かせる時期が重要

予想はしていましたが、指しゃぶりをやめさせることを目的で1歳児に読み聞かせるのは、少し早かったようです。

お話の内容をある程度理解できる年齢であることのほかに、本人に「指しゃぶりが恥ずかしい」「指しゃぶりをやめたいという気持ちがあるかということも重要になってくると思います。

もう少し、娘が大きくなったら、捉え方が変わって効果があるかもしれないので、これからに期待したいと思います。

そもそも、作者のくせさなえさんは、この絵本を「指しゃぶりをやめさせたい」と思って描いたわけではないそうです。

単純に絵本として面白く、子供の興味をかなりそそる絵本なので、年齢に関係なく、また、指しゃぶりをしない子、指しゃぶりを卒業した子など、全てのお子さんにおすすめの絵本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました